基本政策大綱‐序文

 我が党は、大東亜戦争後の日本の戦後処理を決定したヤルタ密約とポツダム宣言によつてもたらされた戦後体制を打破し、正統かつ常識的なる国家体制の回復を第一義として、皇室を中心とした自由で平和かつ豊かな社会を築くことを目的としてゐる。抑々、我が建国の理想は、日本書紀に記されてゐるが如く世界をもつてひとつの家・ひとつの家族とする八紘為宇の精神である。そこから導き出される国家の理想は、一君万民、即ち我が民族・国家の象徴として一視同仁を体現される天皇の下に、国民すべてが平等な国家である。しかし、我が国の戦後体制は、日本弱体化を狙つた米占領政策に乗じた国内反日勢力と、ひたすら自己保身のためにそれらと妥協を続けて来た戦後保守政治勢力との相互依存関係で今日にまで至つてをり、国家にして国家にあらざる奇態的状況下での高度な経済的繁栄が、国民精神を亡国的心情へと堕さしめてゐる。占領後遺症による偽善的平和主義や利己的経済主義から一刻も早く脱却し、真当なる国家意識を回復させて日本民族の正義と理想実現を志向せんとする政治の確立が喫緊の急務である。そのために東京裁判史観からの脱却を図り、占領基本法たる現行憲法を失効せしめ、民族の歴史伝統に即した国家体制を構築し、高度産業社会における調和のとれた社会を志向すると共に、冷戦構造崩壊後の国益対立、民族や宗教対立による不安定な国際社会における我が国の確固たる地位の確立を図らねばならない。維新の精神を変革の党是とする我々にとつて、戦後体制を変革することこそが真の政治改革である。